沼津YEG活動

点回帰 ~転換の発想を持ち新たなる時代の幕開け

002-税理士法人トップ 齋藤 亮介

2021年3月10日 - 会員紹介 -

【お名前とご職業について】
沼津の千本緑町で税理士事務所をやっています。税理士法人トップ第二課長斎藤亮介と申します。

【趣味はなんですか?】
ラーメンの食べ歩きが好きで、特にやくみやの醤油ラーメンがおススメです。
また、サッカーもずっとやっていましたので、サッカー観戦やサッカーのニュースを見ることも好きです。
サッカーは小学校から大学までやっていまして、特に高校の時の暁秀サッカーでの経験が今の仕事でも役に立っています。

【業務内容を教えてください。】
当事務所の仕事内容としましては税理士事務所ですので、法人の決算・確定申告・年末調整・相続の申告・税務相談等多岐に亘りますが
他の事務所と違ってやっている業務としましては、関与先での毎月の訪問での監査になります。

【なぜ毎月監査をするのですか?】
なんで毎月監査をしているかと申しますと、私どもの事務所では毎期予算を立てていまして
その予算と実績との差を関与先の社長・経営者に把握してもらって、でその予算が達成していなかったとしたら
じゃあ次どういう一手を打っていって売上を伸ばす、利益率を改善するそういったところのアドバイスを毎月の監査で社長とのコミュニケーションをしながら改善をしていっています。

【御社の強みを教えてください。】
当事務所の強みとしては、先程ご説明しました毎月の監査による経営助言だと思っています。毎月正確な数字を監査し、それを業績確認に役立てています。
四半期ごとに業績検討会というものを開き、予算と実績との差を社長・経営者と把握しその次の一手を社長に考えてもらう気付きを与えています。
また、決算の直前では、決算事前検討会といって利益が多く出ていれば節税対策等のアドバイスもしています。
また、毎期5か年計画も策定して、その場で今後この会社をどうしていきたいかというのを社長に考えてもらう機会をつくってもらっています。
その他、毎月監査しているメリットとしましては、毎月正確な数字を監査して試算表が毎月作成されますのでそれが金融機関さんからも評価されており
スムーズな融資やさらには給付金や助成金も申請がスムーズにいきます。
全国の税理士の50%以上は60歳以上となっています。その中で我々の事務所は、所長の斎藤が30年以上経営してきており
さらに40歳以上の税理士そして30歳の私と若い税理士も2人います。最新の税法をしっかりと駆使したサービスを提供できると思っていますので、そこが当事務所の強みとなっています。

【今後の取り組みについて教えてください】
これからの私の目標としましては、この事務所を経営していくことはもちろんですが、この税理士という業界もさらに盛り上げていきたいと思っています。
今の税理士試験は非常に難しく、私も13年かけてやっとこの税理士という資格を取得することが出来ました。

【こんなご依頼お待ちしてます】
当事務所はTKCシステムを活用した経理の合理化を図っています。例えば、Excelで作った資料を財務のシステムに読み込んでそこから仕訳を起こすなどの作業もできるようになっています。
インターネットバンキングに契約されている方はフィンテックを使って仕訳が自動に起こり、これもまた経理の合理化に繋がっています。
毎月の監査により正確な数字を把握したい方・売り上げのアップを目指している方・他に業務委託をしていて内製化を図って利益率を改善されたい方
スムーズな融資を受けたい方・資金繰りに困っている方・働き方改革を目指している方は税理士法人トップにお任せください。

「税理士法人トップは毎月の監査と経理の合理化でガッツリ!」

0 Comments
コメント

Leave a Reply