沼津YEG案内*令和3年度事業計画*委員会構成

令和3年度事業計画

令和3年4月1日~令和4年3月31日

令和3年度スローガン

原点回帰
~転換の発想を持ち 新たなる時代の幕開け~

基本方針5つの柱

  1. 青年部活動に積極的に参加し、それらの事業活動を通じて研鑽と交流を図り、経営者としての成長や、自社の発展に繋げる。
  2. 近隣地域の青年団体及び関係諸団体と緊密に連携し、静岡県東部地区のまちづくりに向けた活動を行う。
  3. 活動の基盤を地域に置き、独自の歴史・文化、その地域の特性を十分に活かして、地域資源の発掘やものづくりに貢献する事業など、豊かな住みよい地域の創造に貢献する。
  4. 時代の変革にあった経営革新事業に積極的に取り組み、自己研鑽に努め、自社の発展に繋げる。
  5. 商工会議所のネットワークを最大限に活かして、地域の枠を超えた人脈形成、自己成長の場を築く活動を行う。

沼津YEG会長

山田 貴志

株式会社 ビット

aq_block_6

会長所信

 本年度、沼津商工会議所青年部会長を拝命いたしました山田貴志です。どうぞよろしくお願いいたします。
 昨年度より全世界に広がった新型コロナウイルスは、私たちの根本的な価値観や行動様式を一変させてしまいました。これに伴い、人とモノの移動がわが国のみならず世界的に停滞し、経済に深刻な打撃を与えています。
公的に様々な施策が講じられておりますが、未だ先行きは不透明のままであり、私たち経済人は日々、大きな不安と向き合い続けています。
 しかし、これまで誰も経験したことがない不安の渦中であるからこそ、我々経済人は、改めて基本にたちかえりつつ、これを基礎として、今までの常識や固定観念を乗り越えていく決断と進化を遂げなければなりません。トラブルは成長のためにあると言います。我々経済人は、失敗するかもしれないことを恐れるのではなく、挑戦せず歩みを止めてしまう、そのことを恐れるべきではないでしょうか。激変していく情勢の中にあっても、私たち青年経済人は夢に挑み挑戦をし続けなくてはなりません。
 今年度のスローガンは、「原点回帰~転換の発想を持ち、新たなる時代の幕開け~」とさせていただきました。
 私たちは、自企業の経営基盤、会の運営の在り方、会を通じて築き上げてきた豊富な人脈、私たちが愛するこの町の姿を、今一度見つめなおし私たちが拠って立つ基盤をより確かなものとしていきます。
 そして、軸足をしっかりと定めたうえで、あえてそれを乗り越え、新しい発想や挑戦へと踏み出し、経済活動を行ってまいります。
昨年度はWEB会議や事業を行うにあたっての行動様式の工夫など、危機的状況に対応した新たな手法を試みてまいりました。
 今年度は、手法を試みるにとどまらず、経済活動を牽引する武器としての付加価値を提案していきたいと考えております。
 また、今年度は沼津YEGより日本YEG会長を輩出いたします。これは、敬愛してやまない諸先輩方の熱意とご尽力の結果実現したものであり、沼津YEGはかかる先人達の想いを受け継ぎ、会長輩出単会としての自覚を持ち、より一層この町の経済活動を活性化させていく責任があります。
 私たちは青年経済人として歩みを止めるわけにはいきません。今年度も困難な状況が続くと考えて、その中で一歩でも前に進みましょう。
 最後になりますが、会員での親睦を深めあい、また自己研鑽をして自企業の発展に繋げましょう。今年度1年間宜しくお願いいたします。

活動内容

運営方針

  1. 基本方針
    「交流」と「研鑽」を通じ、会員自らが成長を実感し利益を得ることができる事業を行い地域社会へ貢献する。
  2. 対外事業
    日本YEG及び関東ブロックYEG及び静岡県連の事業に対して全会員が使命感を持ち事業に参加する。
  3. 中期ビジョン
    中期ビジョンに沿った事業の開催および活動を行う。
  4. 総務広報活動
    沼津YEGの活動を外部に発信し、ブランド力を高める。
  5. 地域活性活動
    行政及び地域団体との連携や、青少年事業等を通じ、地域に寄り添った、頼り甲斐のある団体を目指す。
  6. 渉外活動
    日本YEG・関東ブロック・静岡県連・会長研修会に関する業務。
    静岡県東部地区における他団体との交流や情報交換を行う。
  1. ビジネス交流活動
    YEGメンバー間にてビジネスマッチング事業を開催する。
    会員事業所をメンバー間にて紹介と情報発信して商売に活かす。
  2. 政策提言活動
    形としての提言書の手交のみを目標とするのではなく、提言・要望・提案の違いなど提言活動の基礎的な手順・概念を学び、充実した提言活動を遂行できる力を養う。
  3. 研修活動
    沼津YEGの位置づけや、YEG活動の仕組みや考え方を学び、沼津YEGがどのような団体であるかをより深く理解するための研修を行う。
  4. 創意工富ぬまづ未来委員会
    全国大会の開催を通じ、沼津YEGはプラザヴェルデを中核としたMICE活動を実践した。その中では、大会そのものの設営のみならず、行政との連携・地元企業、地域住民との交渉など、様々な試みを行った。今後の沼津市におけるMICE活動の礎とすべく、全国大会の経験をもとに、今年度8月までに沼津YEGとして提言書の作成を行い、行政に手交する。

沼津YEG活動の4つの柱

ビジネス交流・仲間づくり

満50歳までの青年経済人の集まりです。価値観の共有が出来る事も多く、地域に於ける異業種での仲間づくりが出来る団体であり、例会・委員会・同好会などの活動を通じて、沼津YEG約200名の会員が交流しています。その中で、様々なビジネスチャンスにも広がっています。
また、沼津YEGのメンバーは、毎年ごとに編成される委員会に所属して活動しています。会の運営にかかわる総務委員会、メンバーのスキルアップのための講演会やセミナー等の企画を担当する委員会、沼津市への提言活動や地元を活性化する祭りへの参加を企画する委員会など、多岐にわたる活動をしています。 1年間を通じて苦楽を共にして活動した委員会メンバーには固い結束が生まれ、一生の友人を得ることもあります。

自己研鑽・スキルアップ

YEG活動の根幹は自企業の発展です。沼津YEGでは、様々な活動を通じて、普段の仕事では経験出来ない事に挑戦する機会があります。毎月の例会をはじめ、様々な事業にご参加いただく事で、個々の企画力、行動力等のスキルアップにつながり、経営者としての人格・教養および資質向上を図ることができます。
また、会員のビジネススキル向上を目的とした講演会や研修会、経営力強化や助成金の活用など、商工会議所の会員であるメリットを最大限に生かすための各種情報発信を行うなど、会員企業の発展に寄与する活動を行っております。

地域貢献

沼津商工会議所(親会)の活動の一翼を担い、地域経済の発展の支えとなる活動を行なっています。地域社会の一員としてできることを考え、地域への貢献活動を通じ、新たな視野をもって自分のビジネスへ展開するきっかけづくりも出来ます。

政策提言活動

地域の様々な課題に対し、その解決の一助となるような提言を沼津市に対して行うことで、地域経済の活性化に貢献していきます。

各委員会の事業内容

沼津YEGメンバーはいずれかの委員会に所属し、青年部活動に参加します。

総務広報委員会

・役員会、合同委員会運営補助
・会員総会(通常・臨時)の運営
・沼津YEGの体外的なブランディング
・賀詞交歓会の企画運営
・NET原稿作成
・会員手帳、名刺作成
・ホームページ運営及びSNSとの連動発信
・規約・規定等の見直しに関する業務
・その他、会長に依頼された業務

地域活性委員会

・地域に寄り添った事業の企画運営
・青少年育成及び研修事業の企画運営
・OB会に関する業務
・卒業生に関する業務
・全国サッカー大会及び全国ゴルフ大会に関する業務
・県連野球大会に関する業務
・その他、会長に依頼された業務

渉外委員会

・東部青年維新塾に関する業務
・頭部5YEG交流事業に関する業務
・その他近隣青年団体等との交流業務
・全国大会(高松)参加に関する業務
・関東ブロック大会(厚木)参加に関する業務
・県連大会に関する業務
・会長研修会(土浦)に関する業務
・その他、会長に依頼された業務

政策提言委員会

・過去行った提言活動の調査と分析
・提言活動に対する研修事業の実施
・提言活動に関する外部視察の企画運営
・提言活動の経過報告を行う事業
・その他、会長に依頼された業務

研修委員会

・商工会議所を深く理解するための研修事業
・エンジェルタッチの使い方についての研修
・外部講師を招いての経営を学ぶための研修事業の開催
・事業内容やその趣旨をわかりやすく会員に周知・説明する活動
・その他、会長に依頼された業務

ビジネス交流委員会

・メンバー間でのビジネスに繋がる業務
・会員・従業員・家族を交えた交流事業の開催
・会員企業のPRに関する業務
・新入会員拡大業務及び入退会に関する業務
・新入会員オリエンテーションの企画運営
・その他、会長に依頼された業務

創意工富ぬまづ未来委員会

・ワクワクがとまらない委員会の引継ぎ業務
・全国大会の設営を通じ得た経験をもとに提言活動をする業務
・上記提言の内容について、吉川正明君の激励会において実践し、検証を行う業務
・吉川正明君の激励会の運営補助
・出向に関する業務

中期ビジョン 2019-2023

YEGコネクション~ つながりから価値をつくる ~

前文

2020年東京五輪、2025年大阪万博と、日本が夢と希望に満ち溢れた時代に突入しようとする中で、沼津YEGに目を向けると、2019年に全国大会ふじのくに静岡ぬまづ大会の開催、2021年には日本YEG会長排出、また、2023年には関東ブロック大会が静岡県内で行われるなど、まさに沼津YEG激動の5年間を迎えることとなる。
 これは言い換えるとこの地域にとって、そして沼津YEGにとって大きなチャンスが到来したことになる。
 この大切な5年間を、沼津YEGとしてぶれることなく活動し、会員の成長や会員企業の発展、そして地域の繁栄により貢献する活動を行うため、沼津YEGの中期ビジョンを策定する。

1.会員自らが成長を実感できる団体へ
2.新たな魅力のある沼津YEGブランドを確立、会員200名体制へ
3.地域活性化、課題解決のために行動し、地域社会から必要とされる団体へ
4.近隣地域と連携し、広域的なまちづくりを
5.地域の魅力を全国へ、全国規模の情報共有、人材交流を

行動指針

・Value1 会員自らの成長(自分とのつながり)
 私たちは、自らの人間力を向上させることで、より良い人間関係を構築し、自企業の発展に繋げます。
 自企業の発展のためには、まずは会員自らの資質の向上が求められる。そのために、経営能力だけでなく、人間力の向上も目指す必要がある。それが良好な人間関係、信用信頼に繋がり、結果的に自企業の繁栄に繋がる。会員が自ら成長を実感できるような活動を行い、YEGの魅力を高める。

・Value2 会員相互の絆(会員とのつながり)
 私たちは、会員の絆を深める事業を行うことで、会員間のビジネス交流を促進します。
 会員間がビジネス交流を活発にし、共に成長するためには、お互いの業種だけでなく、人柄、バックグランドなどを認識し、より深い関係性で結ばれたメンバーの絆が大前提であると考える。そのため、会員相互の深い交流が行えるような事業を行い、会員企業の発展し、誰もが入会した会へと成長させる。

・Value3 行政との連携(行政とのつながり)
 私たちは、地域の活性化や地域企業の発展のため、行政と連携した事業活動や、行政への提言を行います。
 自企業の発展のためには、その活動の場である地域が元気であるが大前提であるとの考えから、積極的な地域活性化に向けた活動を行う。そのために行政と連携し、地域のためになり、地域に感謝される活動や提言を行うことで、地域社会になくてはならない存在となる。

・Value4 近隣地域とのつながり
 私たちは、沼津市だけでなく、東部エリア全体の活性化のために、近隣青年団体と共に、広域連携に向けた取り組みを行います。
 地域活性化のためには、自分の市町だけでなく、近隣地域と連携し、広域的なまちづくり、情報発信をしていかなければならない。従って、近隣YEG、JC、商工会などの近隣青年団体と連携し、広域連携事業などを行うことで、地域の経済発展に繋げる。

・Value5 連合会との関係深化(連合会とのつながり)
 私たちは、連合会との繋がりを強め、あらゆる情報を得るとともに、地域の価値を全国に発信します。
 日本YEG、関東ブロック静岡県青連などの連合会との連携を強めることで、全国から良い事業、良い情報を取り入れ、広い人間関係を作ることで、新たな価値を創造する。また、地域の魅力を全国に発信し、地域活性化に貢献する。

沼津YEG入会案内

若き経営者同士の交流・仲間づくりで刺激しあい、新しい発見共に成長する自分、自己を高めあう会です。

体験参加

現沼津YEGメンバーと繋がることにより、入会をスムーズに行うことができます。
委員会へのオブザーバー参加なども可能です。
↓YEGメンバーサイト↓

沼津商工会議所青年部 沼津YEG

沼津YEGの入会希望や、入会説明入会方法など何なりとお気軽にお問合せください。

お問合せは、当ページのコンタクトフォーム,お電話にてお待ちしてます。

〒410-0046
静岡県沼津市米山町6-5
TEL:055-921-1000
FAX:055-921-1105